スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
11月12~14日と兵庫県の相生市で開催された
タッチセラピー手波法中級講座に参加してきました。


実は私にとってこの講座に参加の目的は、
2週間ほど前から痛みがある膝にタッチセラピーを
たっぷりしてもらうことでした。(動機が不純)

初日は歩くのもようような感じでのスタートだったのに、
二日目の志源会(という名前の飲み会)では
アドリブでマイケルの歌に合わせて踊れるほどに回復し(笑)
最終日には、すっかり痛みも消え、帰りに三宮で寄り道し、
陶彩画家の草場さんの個展を楽しんで見に行くほどに!!

膝はため込んでいたマイナス感情が現れる、過去のトラウマが
現れるなど言われますが、いろいろとタッチセラピーで解放されたみたいです。

私の感覚では、膝の過伸展だろうという感じではあったのですが、
今まで感じたことがないほどの痛みで、リウマチ??
など心配したりもしました。

三日間、ほとんど運動することもなく、膝を伸ばしすぎないように、
気をつけて動き、膝を保守してきたことを差し引いても、
この痛みのなくなりようはすごいな・・と今更ながら

タッチセラピーの可能性は無限大と感心しました。

そんなタッチセラピーの同志がまた一人徳島に増えました。
今年初受講の美穂さん
ビジョンヨガインストラクター(あともう少し修行中)でもあります。

タッチセラピーは誰でもできて奥が深ーい癒しの手技です。
表面的な筋肉の緊張だけでなく、自分で気づいていない
奥深い部分のブロックまで自然に溶けていきます。

誰でもできるというのが、みそ。

特別なことでもない、あたりまえに人が人に触れるということ、
家族の中で、お母さんが子供さん、旦那さんに、ご両親に、
ただ、触れるだけで、家族のなかの壁がなくなり、円満な家庭になります。
ご縁を深めたい大切な方に、触れるだけでぐっと距離が縮まります。

そうやって身近なところから、少しづつでも確実に
融和が広がっていくのがタッチセラピーです。


またひとつ、徳島に新しい光がともりました。

   一燈照隅 万燈照国


いつか世界の壁がとけて、ひとつになるまで、
私たちは身の周りの一人一人に光をともし続けていきます。


スキャン0001


最後に、陶彩画家の草場さんの個展で観音力カードの中から一枚。

今の気持ちにぴったりなメッセージをいただきました。
うれしいメッセージでした。





イベントのご案内 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
個展見れて良かったですね
育栄さん

中級講座お疲れ様でした。
育栄さんの笑いのセンスに感動です。
腹抱えて笑いころげてましたね。
それに無農薬、無肥料の野菜作りもしている。
同じ趣味をもっているのがうれしかったです。
個展見れて良かったですね。
観音様ですが、仏画などとは違った
輝きの感じられる素敵な絵ですね。
またお会いしたとき、話聞かせてください。
ゆういちろうさんへ
はい、駅から個展の会場まではするすると導かれるようにすぐにたどり着けました。たえこさんの木曽路の話を思い出し、私もできるはず!と思って歩きました。

みんなの話、面白かったですね!

ゆういちろうさんの知性にもいつもドキリとさせられます。
これからもよろしくお願いします。



管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。