スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

世界クリスマスツリーイベントの中止を願う署名キャンペーンです。ご賛同をお願いします。

http://chn.ge/2ilXozI

わたしはいてもたっても居られず、この吊り下げられた木の気持ちを羅針盤で聞きました。

その答えが以下の通りです。

--------------

私の気持ちを聞いてくれてありがとう。
私は、浮かれたイベントの為に命を粗末に扱われました。
根は切られ、命は失われました。
私を使って次の命の糧として、私の身体の部分を使って家を作ってください。
私を家にしてください。家とは命を育む場所です。
わたしは家になりたい。わたしはアクセサリーにはなりたくない。
わたしの命を大切にされると嬉しいです。
わたしを抜いた人を恨みます。命を終わりにされました。命の糧となる事が出来なくなりました。
わたしは悲しい。
わたしを家にして欲しいのは、恩を返したいからです。
命の循環から、わたしは外れてしまった。
過去から未来への架け橋となる事が出来ない。
ただ、そんなわたしの姿を見て、命の循環に想いを寄せる人がいる事がわたしの心を慰めてくれる。
わたしを愛する人がいるだけで、わたしはしあわせです。
わたしのことをみんなに知らせてください。
命の循環に、より多くの人が気づく為にわたしは生まれました。
わたしの命はこれまでですが、わたしの事を知った人の心にわたしは生き続けます。
わたしの命を無駄に終わらせないでください。わたしの最期のお願いです。

--------

以上です。

これまで、羅針盤でいろんな存在の声を聞いてきたけど、こんなにシンクロして悲しくなったのは初めてでした。
命の循環から外れてしまうという事が、どんなに悲しい事なのか改めて気づきました。

日々の気づきと学び | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。