スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
妊活中の女性に特におすすめしたいのが、豆乳ヨーグルトです。

豆乳→大豆→大豆イソフラボン

といえば、名前を聞いたことあるある、なんか身体によさそう!
というイメージでしょうか。

イソフラボンとは、大豆に含まれているポリフェノールの一種で、女性ホルモンのエストロゲンに似ている分子構造を持ちます。
そのため、身体の中でエストロゲン様の働きをし、女性ホルモンの分泌が低下してくる更年期の女性の身体をサポートする成分として広く知られています。

イソフラボンについて調べてみると、さらにイソフラボンには2種類あることがわかりました。

・グルコシド型イソフラボン:糖に包まれていて分子が大きい、体内への吸収率2割
・アグリコン型イソフラボン:糖が分解されていて分子が小さい、体内への吸収率8割

実は豆腐や豆乳、納豆に含まれるイソフラボンはグルコシド型が多くアグリコン型のイソフラボンの含有率は4~6%程度。
アグリコン型のイソフラボンが多く含まれるのは味噌、醤油といった発酵により糖が分解された食品です。
味噌のアグリコン型イソフラボンの含有率は66.2%。

全然違いますね。
どっちがいいって、とるならアグリコン型イソフラボンがいいですよね。
ポイントはイソフラボンが麹菌による発酵で糖が分解されるということですね。

とはいっても味噌や醤油は塩分濃度が高いのでそんなにたくさん食べられません。
そこでおすすめしたいのが豆乳ヨーグルトです。
乳酸菌により糖が分解され、アグリコン型に変化します。

私も以前から玄米から育てる乳酸菌と豆乳ヨーグルトをおすすめしていますが、今ならネットを検索すればもっとマニアックな玄米乳酸菌情報があるでしょう。
興味のある方はご自分で調べて、試してみてはいかがでしょうか?

豆乳ヨーグルトのすすめ
妊活日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。