ここ最近、ぐっと近しくなってきた美郷。

ほたる祭り期間中には、ほたる館内での友人のお店のお手伝いと称して、
毎週末に出店をしていました。

週末のほたる館は、大賑わい!

一日の来場者数は美郷村の人口約1000人を軽く超えているんじゃないかと思いました。

そんなほたる祭りも終わり、ほっと一息ついた今日この頃。
おとといの金曜の夜に、美郷の友人たちと一緒に、東山地区へほたるを観に行きました。

東山地区は、ほたる館のある川田川のゾーンより、少し時期が遅くにほたる発生のピークを迎えるそうです。

美郷の友人に連れられてたどり着いた秘密のほたる観賞スポット。
サラサラと流れる小川に空高く舞うほたる。
通り過ぎる車がなければ、そこにあるのはただ自然が奏でる音だけ。

河原に立ち、ゆっくりと深呼吸すると、自分と自然とほたるの光が共鳴しはじめます。
心地よい感覚に身をゆだね、しばし静寂と光の舞を堪能しました。

なるほど、一度観ると、毎年観に来たくなるほたるの光。

この地球上に生きる生き物として、いつまでもほたるの住める環境を守っていきたいなと思いました。
自分たちの子どもや孫、そのまた孫たちにもこの景色を残してあげたいですね。

残念ながら、写真はありません。
私の心眼にしっかりとその光を焼き付けたのでした。

美郷ほたる館のフェイスブックページではリアルタイムにほたるの発生状況が更新されています。
美郷・ほたる館





日々の気づきと学び | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示