昨夜はサルサのカウントダウンパーティーから、実家に帰省し両親と一緒に氏神さまへ初詣するという流れになりました。
12時のカウントダウンを三本松のサルサスピンで迎え、それから三木町の実家へと向かいました。

すでに酔っ払いの父としらふの母を乗せて、氏神様の池戸八幡宮へ。

実は、行きの車の中でちょっとした言い合いになってしまったんです。

なぜなら、車という密室の中で、酔っ払いの父が臭かったから。

そして私と母から「臭い、臭い」と言われ、機嫌を損ねた父が・・・(そりゃ機嫌も損ねますよね)

母の普段の行いの揚げ足とりを始めたのです。


「お父さん、今日は元旦、お正月はハレの日。」

「今年も家族で新しい年を迎えることができたことに感謝をする日だよ。」

そんな言葉を伝えて、言い合いを終わらせました。

すると、これを聞いた父が喜びました。

「おまえがそんなええことを言うようになるとは・・・」

ですって(笑)。



実はネタバレをすると、その少し前に竹田恒泰さんの「お正月の過ごし方のポイント」をフェイスブックで読んでいたから、自然にでてきたメッセージだったんです。

**竹田恒泰さんのフェイスブックウォールより*************

正月の過ごし方のポイント

正月中は「ハレ」の期間ですから、身も心も清らかに保つことが大切。

縁起の悪い言葉や物を遠ざけ、縁起の良い言葉をつかい、縁起の良いものを食べ、縁起の良い状態を保ちます。

そうすると、縁起の良い状態が一年間持続すると考えられています。それが正月の本質です。

***********************************




大きなたき火が炊かれる境内で、甘酒をいただき火にあたり暖をとる。

おかげさまで、家族で新しい年を迎えられることに感謝する、幸せな初詣となりました。






日々の気づきと学び | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示